不倫や刑事事件には弁護士の力を借りよう【法で立ち向かえ】

lawyer

離婚と慰謝料

相場はあるのか。あるならいくらか。

離婚の専門家がよく受ける質問の一つに「離婚の慰謝料の相場はいくらなのか」というものがあります。離婚の慰謝料について法律上明確な基準が定められている訳ではありませんので、過去の裁判例を元に判断します。 例えば不倫の場合は100万円〜500万円、悪意の遺棄(追い出し、生活費を入れないなど)は50万円〜300万円、モラハラの場合は50万円〜500万円など、事例についても随分幅があります。最終的には離婚の原因、婚姻期間、相手の収入、子供の有無などを総合的に考慮して決定されます。 芸能人が億単位の慰謝料を払ったというニュースをよく見ますが、財産分与が含まれているためで、精神的苦痛としての慰謝料は似たような金額でしょう。 あまり高すぎる慰謝料を請求しても認められません。正しい相場を知っておくことが、慰謝料を取るための要件と言えます。

慰謝料が取れる場合と取れない場合

離婚すれば必ず慰謝料が取れると思ったら、それは大きな間違いです。離婚理由で最も多い「性格の不一致」などといった一方的にどちらかが悪い訳ではない場合は慰謝料は発生しません。逆の言い方をすると、一方的にどちらかが悪いか明らかな場合は慰謝料をもらうことがきます。 ただし3年間の時効があります。損害があったことを知った時からカウントスタートします。そのため離婚した後でも請求はできますが、落ち着いてからと思っているとあっという間に3年経ってしまいますので、出来たら離婚届けを提出する前に片づけておきたいですね。その際はきちんと文書に残すのを忘れないようにしましょう。あとで言った言わないのトラブルや取りっぱぐれを防げます。 相手が一方的に悪くても自分にも非があったかも、と思って諦めてしまう人も少なくありませんが、正当な権利ですからキチンと主張しましょう。